これ以上子供の視力を落とさないためには、どうすれば良いのでしょう? 子どもの視力低下を防ぐためには、親が食生活と生活習慣をしっかり管理する必要があります。 一昔前は、テレビや漫画が小学生の近視の原因だと言われていました。 それに、中学生や高校生であれば、夜の勉強が近視の原因になるとも考えられていたものです。 でも、近年では、パソコンや携帯電話(スマホ)、TVゲームなどが主な近視の原因となっています。 視力低下には遺伝的要因もあるのですが、やはり生活習慣によって大きく変わってくるのです。 テレビや漫画、夜の勉強、パソコンや携帯電話、TVゲームは、目に負担をかけやすいので、眼精疲労からの視力低下に繋がります。 姿勢に気をつけたり、適度に休憩を挟んで、目を疲れさせないようにする必要があるでしょう。 子供の場合は大人よりも自制が利きませんし、夢中になれば他のことなど忘れてしまいます。 特にパソコンや携帯電話、TVゲームは、一日の使用時間を決めて、守れないようなら一定期間没収するなど、予めルールを決めておいた方がいいですね。 画面と目の距離を離したり、暗い中で画面をみないようにすることも大切です。 また、子供には目に良いといわれる食材を積極的に取り入れた栄養バランスのとれた食事を食べさせるようにしましょう。 子供と一緒に、視力回復のためのトレーニングを行うのもオススメです。